アーティスト

Levi Myaz

リーバイ・メイヤズは、トリニダード・トバゴ ポートオブスペインのセントアン教区で10月31日に生まれ、その後ベルモント、マラヴェル、セントジェイムズを経てウッドブルックで育った。1994年 高校卒業後、音楽を探究すべく南フロリダに移ることを選んだ。


世界的なアーティスト、プロデューサー・作曲家の リーバイ "ナッピー" メイヤズ の息子であったリーバイは、若くして早くもトリニダード・トバゴの音楽シーンで頭角を表す。

17歳で作曲に対する強い関心に目覚めた彼は、最初の曲 "Avoiding The Hurt" を1993年の10月に書く。同年12月彼の父はこの世を去った。
1994年、彼はプロシンガーとしての活動を始める。フロリダに行く前に見つけたラスタファーライの教えを受け入れたのだ。
1995年、リーバイはドレッド、グリーン&ゴールドと呼ばれる多文化・多国籍レゲエバンドを結成し、人気のあるサウスビーチを拠点に活動を始める。

南フロリダの数々のアーティストたちと共演をする中で、リーバイは演奏中に観客から注がれる熱意や声援から感銘を受けた。
1995年8月、病気のためトリニダードに戻ったが、療養後彼はさらに前進を続けた。
1998年、彼の父から共に多くのインスパイアを授かった従兄弟でもあるベーシスト "ブライアン・セザール" と共にカナダで数曲を録音した。彼らが製作したうちの4曲は、アメリカやカナダのメジャーレーベルから注目された。

長年にわたる努力の結果、彼の音楽はメッセージ性、ポジティブヴァイブスを備えた新しいレゲエサウンドへと発展を遂げた。
近年はトリニダードのプロデューサー "マーティン・レイモンド" と共に製作を行っており、彼のアーティストとしての多様性がいかんなく発揮されている。
彼の父の楽曲 "オールドタイムデイズ"、"ミュージックオブマイランド" のリミックス曲は、2005年のカーニバルで反響を得た。

リーバイは、デビッドラダーの声かけによりいくつかのカーニバルイベントに出演した。その後ニューヨーク、カリフォルニア、ハワイでのツアーも成功させた。
彼はフランスのスペシャルデリバリーとの楽曲を数曲録音。
またジャマイカのデジタルBで有名な "ボビー・デジタル" との楽曲も近日発表予定だ。
2005年、彼はサンフランシスコでのツアーイベントとボブ・マーリー フェスティバル (ハワイ、ホノルル) で "ドーン・ペン"、"アルファ・ブロンディ" のオープニングアクトを務めた。

2006年のハワイのボブ・マーリーフェスでも "ドン・カルロス"、"モーガン・ヘリテイジ" のオープニングアクトとして出演をした。その後、サンフランシスコにて "アンソニーB" とステージのあとコンビネーションで "Real King" を録音した。この曲はニューヨーク、ジャマイカ、トリニダードのラジオでヘヴィープレイされた。

リーバイはトリニダード周辺諸国のフェス、クラブで以下の名だたるアーティストたちと共演をしてきている。デターマイン、エバートン・ブレンダー、ジャー・メイソン、ケイプルトン、ヤミ・ボロ、シュガー・マイノット、テリー・ガンジー、シズラ、バーニング・スピアー、サンチェス、ジプシャン、ジャー・キュア、ウォリアー・キングなど

リンク

ReverbNation
http://www.reverbnation.com/levimyazmusic


facebook
https://www.facebook.com/levi.myaz


リリース作品

ディスコグラフィー

Various Artists
Talking Drum Riddim
Lustre Kings (2009)

Various Artists
Dis Ya Time - One Riddim Album
Special Delivery Music (2007)

Levi 'Zion' Myaz
Every Move
Ockard (2007)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA